宝塚すみれレポート@まる

『美しいものを見ることは価値がある』月〜金はタカラヅカニュースのダイジェストをお届け!宝塚歌劇関連の私的レポートをご提供します!

カテゴリ: TAKARAZUKA SKY STAGE

こんばんは。
今日のタカラヅカニュースでは月組大劇場千秋楽のダイジェストが放送されました。
この公演で美弥るりかさん、響れおなさん、玲実くれあさん、音風せいやさんが卒業されます。
2C505AE0-777C-48D6-9A0B-2AB3A012C426

月組を支える実力派のジェンヌさんがどんどん退団され寂しいです。

ダイジェストでは放送されませんでしたが、、、
サヨナラショー前、月組組長光月るうさんがみやちゃんを紹介します。
みやちゃんの経歴を紹介したのち、光月るうさんの言葉でみやちゃんの退団を惜しみ涙されていました。ライブビューイング会場まで大劇場の客席の嗚咽が響きました。言葉を詰まらせながらるうさんは、大きな目で甘えてくるみやちゃんを懐かしく語られました。ここからもう客席は涙が止まりません。

るうさんの紹介のあと、みやちゃんのサヨナラショーが始まります。
サヨナラショーは銀橋センターでBADDYのスイートハート登場シーンから。

00885268-564D-48B7-A46C-A0CC9FAA7FDE

1789のアルトワ伯。月組に残る男役を引き連れてテキーラ。
5E8B9F16-8911-4A77-8347-EE96AC5F3298

All for Oneの「この地上の何処かで」を歌ってから、みやちゃんは袖にさがります。
舞台では響れおなさん、玲実くれあさん、音風せいやさんがAll for Oneの主題歌を歌います。
白い軍服のようなお衣装で大階段からみやちゃんが登場。「グランドホテルで」を歌われます。
B8306867-4256-464B-8020-A61CA69D424D

美しいお衣装です。
ダイジェストではカットされてましたが、珠城りょうさんと二人でグランドホテルの「一緒にグラスをとろう」を歌い、月組全員でチャールストンを踊ります。
月組生に囲まれてみやちゃんとたま様がハグするところが、また感動させられました。
最後、みやちゃんと海乃美月ちゃんと月組全員でアンナカレーニナの「Everything for love」。

ファンが観たいところを、よく分かっているサヨナラショーでしたね。月組での作品だけにしたのも、みやちゃんの月組愛が感じられます。

みやちゃんのご挨拶です。

1993年、私はこの宝塚大劇場の客席にいました。
はじめての、本拠地での宝塚の舞台に胸を弾ませ、観た作品は月組の「グランドホテル」でした。
その帰り道、花の道で帰り道歩きながら、「将来は素敵な男役さんになりたい」と幼い私は心にそう誓いました。その時と変わらない気持ちのまま、私は宝塚の世界に恋をし続け、自分の望む男役とは何か、皆様の望む宝塚の舞台とは何かを求め続け、気が付けば17年という月日が経っていました。
いろいろなことがありました。
笑った日々、幸せなとき、泣いた夜、そして舞台で喜びに心が震えた瞬間。振り返るとどれも愛おしい時間です。
私の存在が、だれか一人でも、どなたかの人生のエネルギーになれていると知ったとき、私ははじめて自分の存在を認められ、そして生きていく意味を感じることができました。そしてどんな時も、ここにいる大切な仲間たちが、私を支え、見守っていてくれたから、私は立ち上がることができ、そしてどんなときでも、私を応援してくださった皆様がいてくださったから、美弥るりかは進み続けることができました。奇跡ともいえる出来事との出会いに、そしてお一人お一人との素晴らしい出会いに、心から感謝の気持ちでいっぱいでございます。
恋をし続けたこの宝塚大劇場との別れの日に、こうして皆様とすばらしい時を過ごせたこの瞬間を胸に刻み、勇気を出して、新しい人生の一歩を、歩んでまいりたいと思います。
17年間、本当に、本当にありがとうございました。

優しい眼差しと柔らかい微笑をたたえて、ゆっくりとお話しされました。
たま様がご挨拶のなかで退団者について触れると、みやちゃんの頬に美しい涙が。
E4C46FDB-7AB9-4AC0-A2B0-574F9701C067
美弥るりかさんは本当に最後までお美しいです。

カーテンコールで退団者が一言ずつお話しされ、たま様が一言ずつお返しする場面。響れおなさんへ、たま様がお話しするときたま様が涙していました。
舞台では涙を見せないたま様が涙している。たま様の寂しさが伝わります。客席、たま様、そして退団者を見送る月組生、みんな同じ気持ちだったと思います。

東京宝塚劇場公演は5月3日(金)~6月9日(日)です。
最後までみやちゃんを、月組を応援しましょう。





今年3月に発売された麗しきみやちゃんの写真集。可愛い。癒やされます。
Rurifull―美弥るりか写真集 (タカラヅカMOOK)
宝塚クリエイティブアーツ
2019-03-01



こんばんは。

今日のタカラヅカニュースは花組「CASANOVA」の東京初日映像が出ましたね。

組長さんの高翔みず希さんが終演後のご挨拶で、客席にいる「CASANOVA」楽曲提供のドーヴアチア氏を紹介しました。

ドーヴアチアさんは、大劇場の初日も観劇されていました。

東京の初日も観劇されるなんて熱心ですね。

ドーヴさん、もしかしてヅカファンになりましたか。



みりおさん(明日海りおさん)のご挨拶。
IMG_20190401_220921559

「この公演のスケジュールが発表されたときに、ひそかに、これはもしかして公演の初日と桜の満開日が一緒になるんじゃないかと、実は結構前からわくわくしていたんですが、えー、上京日に東京に来てみましたら、なんと結構7分8分咲きくらいの桜に迎えていただきまして。なんだか、なぜだかちょっと恐縮しちゃう気持ちの、明日海りおでございます。

(客席拍手)

えーでも、桜なら、咲き始めて散るまで、だいたい2週間ほどだそうです。

でも、我々は公演期間4週間ちょっとございます。

なので、皆さまにたくさん楽しんでいただき、そしてたくさん愛でていただけるよう、日々の舞台を心を込めて精一杯つとめさせていただきます。

そして専科よりご出演いただいております夏美さんと、そして仲間たちと、健康に、花粉症に負けず、頑張りたいと思いぅぅ、、、頑張りたいと思います。

本日は本当にありがとうございました。」


カーテンコールはおなじみ花組ポーズ。

「公演の成功を祈願して我々花組ポーズをいたしますので、もしよろしければ、、、」

客席に控えめなみりおさん。

IMG_20190401_221021657

そして花組ポーズの盛り上がりが落ち着いてから、

「えー、この公演で卒業していく仲間も結構、
 (ゆきちゃんの方へ振り向き、腕をぶるんぶるんしながら)
 、、、勢いがぶるんぶるんしております。」

ゆきちゃん、みりおさんにあわせて腕をぶるんぶるんというか、ぶんぶんしてくれます。
IMG_20190401_221051846
IMG_20190401_221054289

ゆきちゃんにこにこ。

「ので、その輝く勇姿をどうぞお心に焼き付けていただければと思います。」


花組を卒業されるジェンヌさんを、心に焼き付けに行きましょう。

CASANOVAは何度観ても楽しい公演です。

私はまだ観ていないですが。。。

今週末、とうとう観に行ってきます。

また感想書きます~






宝塚GRAPH(グラフ) 2019年 04 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2019-03-20


こんばんは!
今日のタカラヅカニュースでは星組千秋楽のダイジェストが放送されました。
星組東京宝塚劇場公演「霧深きエルベのほとり」「ESTRELLAS~星たち~」をもって、みんな大好き89期の七海ひろきさんが退団です。
同期のお花はしーらん(壱城あずささん)からでした。
一瞬しか映りませんが、久しぶりのしーらんはやっぱり美人さんです。

では、感動のかいちゃんのご挨拶。

「『もし明日世界が終わっても、悔いのない舞台を。』
 毎日そう思っていました。
 今、とても充実した気持ちで、ここに立っています。
 舞台は一人で戦うもの、そう思っていました。
 不器用な私は、一人でもがき、苦しんでいました。
 そしてあるとき、舞台に立つことが怖くなりました。
 そんな私を救ってくださったのは、
 他でもない、ここにいる皆さまです。
 尊敬する上級生の方々、愛する同期、頼もしい下級生、
 宝塚を愛してくださるお客様、そして、
 私より私を信じてくださるファンの皆さま、
 皆様の愛があったからこそ、
 私は変わることができました。
 私は一人ではありませんでした。
 宝塚に恋をした私は、
 皆さんに愛を教えていただきました。
 出会えた全ての方々を心から愛しています。
 今この瞬間、宝塚男役、七海ひろきは卒業します。
 あぁ、素晴らしい宝塚人生でした。
 これからは変わらないために、
 変わり続けたいと思います。
 (↑ここ聞き逃しました!違うかも。)
 16年間、七海ひろきを育て、
 支え続けてくださった皆様、
 心から、心から感謝を込めて、
 本当にありがとうございました!」
19-03-26-23-44-31-327_deco

かいちゃんはゆっくりと、力強い言葉と眼差しでお話しされました。
かいちゃんの感謝の気持ちが伝わってきて泣けます。

紅ゆずるさんのご挨拶は、ひそひそ声で、

「霧深きエルベのほとりと、ESTRELLAS星たちの千秋楽を
 ご観劇いただきまして誠にありがとうございます。
 まずはじめに、わたくしのこの声、
 お芝居の最後にやってしまいまして、
 大変お見苦しい、
 そしてお聞き苦しいところ多々あったと思います。
 大変申し訳ございませんでした。

 霧深きエルベのほとりは、
 宝塚大劇場の初日から心を込めて、
 その人物になろうと、一人一人がその役に向き合い、
 そしてそれぞれの愛に葛藤し、
 星組のエルベのほとりを作り上げたと思っております。
 ショーのESTRELLAS星たち。
 こちらは客席が一体となりまして、
 とても華やかなショーになったと思っております。
 今のメンバーにしかできないショーと
 お芝居だったと思っております。

 そして今ご挨拶しました4名。
 この4名にも宝塚で学んだ愛、そしてわたくし、
 この公演中の千秋楽のこの1回で、客席の皆様、
 そして出演者のあたたかい、うんうんと頷いてくださる、
 ほんと情けないのですけれども、
 そのようなあたたかい愛が宝塚にはあると思います。
 それを退団者の4名も忘れることなく、
 今まで感じた愛を胸に秘めて、
 これからの人生を歩んでいっていただきたいと
 思っております。
 本日は本当にありがとうございました。」


紅さんは感動と申し訳なさからか泣きながら、でもはっきりとお言葉を伝えていました。
そんな紅さんに感動です。
喉は心配ですが千秋楽で良かったような、、、しっかり休んでほしいです。
星組のみなさん、千秋楽まで感動をありがとうございました。
本当にお疲れさまでした。
19-03-26-23-48-00-063_deco


紅さん、喉が苦しそうだから早く休んでほしいのに、カーテンコールで出てくると、泣きながらひそひそ声でしゃべりまくります。
紅さんは感動を客席に伝えたいのですが、話す内容はどうしても面白くなって、画面には泣いている紅さんが映っているのに客席の笑い声が聞こえます。


そして、これで男役かいちゃんが見れなくなるなんて信じられません。
19-03-26-23-49-10-027_deco
かいちゃんに愛の告白をされて照れる紅さん。
退団する4名には、声が戻ったら改めておめでとうと言いたいと話していました。
あたたかい千秋楽でしたね。



宝塚GRAPH(グラフ) 2019年 04 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2019-03-20

麗しいみやちゃんが表紙の今月号は、花組率が高いです。仙名さんの退団特集、CASANOVAの稽古場と舞台写真、ちなつさんとれいちゃんの対談、みりおさんとゆきちゃんの対談。最後のトークDXは紅さんとまこっつぁんの対談。

今日のタカラヅカニュースでは待っていました月組舞台映像が流れましたね。


 グランステージ

 『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』

 レビュー・エキゾチカ

 『クルンテープ 天使の都』


宝塚大劇場では3月15日(金)から4月15日(月)まで上演します。

昨日の初日映像がもうニュースに流れます。

スカイステージがんばっていますね。


まず、1幕『夢現無双』から。

オープニングは戦争のシーンでしょうか。

月組トップスターたま様(珠城りょうさん)と月城かなとさんが黒と赤の甲冑姿で楽しそうにしています。

A0D25156-189C-4C10-ABA5-4ABDF3A79000

ああ、トップスターが沢庵和尚(光月るうさん)に吊るされています。

7BF9CA2B-7E9C-471B-8924-A1B16560658A
D1A8B960-6A0B-4DF1-AAF5-EAC7C7612B0B

吊るされたあとはるうちゃんにねじ伏せられたり。

F8C8390D-CDED-4BFF-B4EC-DD13B29A238B

吉岡清十郎(暁千星さん)にやられたり。

トップスターたま様がやられるシーンばかり。。。

さすが月組。


みやちゃん(美弥るりかさん)演じる佐々木小次郎が銀橋で歌います。

「西を目指して、この腕磨かん」

19BE07F7-18C3-415F-A1B4-4B89FFBDF514

うわ、腕ほそいっ。


0CBE3DCB-DE12-42B4-95AF-ADA7B7847A45

たま様とみやちゃんの並び。

この公演きり見れなくなるかと思うと、物語に関係なく胸がじんわりします。


たま様がお通さん(美園さくらさん)に迫られるシーンでダイジェストは終わりです。

1E6D9515-C090-4318-8814-2B6912DDAE3F


「私がお嫌いですか?」

「ちがうっ!」

「お慕いしておりました。ずっと昔から。」


恋に不器用な役は、たま様にぴったりですね。

あんなに逞しいのに、目をパチパチして動揺しているたま様が可愛いです。

この続きは劇場で。


次は2幕『クルンテープ 天使の都』のダイジェストです。

宮本武蔵が金ピカになって登場。

497E1DA8-AD01-4AEF-AD8C-5154B1ED63D7

黒髪長髪がエキゾチックですね。

タイについてよくわからないですが、タイの王族っぽい華やかな衣装です。


そしてみやちゃんは、、、

6F4B5769-4A21-4FCE-BC04-B915C2DB2195

黒髪長髪のみやちゃんは色っぽいです!

これは早く劇場で観たい!


そしてきっと今回のショーの一番の見どころ。

たま様とみやちゃんのデュエットダンス。

4C4F0BD9-4157-404A-8D2D-1CF01EA783B5

今月の「歌劇」を読みましたか?

演出の藤井大介先生がこの場面を解説しています。


「二人は愛でも友情でもなく、なんというか前世で出会っていて”出会わなければいけない運命”みたいな、すごく抽象的ですけど。」

「必要な時に互いに励まし合い、慰め合い、愛し合い、、、最後は再び蓮の花の中で溶け合うという、ちょっと摩訶不思議なデュエットダンスになります。」

(「歌劇」3月号の63ページ)


二人の絆を表現したシーンです。

全く違った魅力を持つお二人で組を支えてきた2年間が終わろうとしています。

みやちゃんの退団は月組のひとつの時代が終わるような気がします。

きっと素晴らしいシーンとなるでしょうが、寂しさが募りますね。


「王様と私」の”Shall we dance?”で中詰め。

82790863-9A7A-4EE4-A6BC-7E455CB946D6

たくさんの色と、ラテンの衣装が華やか。


舞台はクラブのセットにうつります。

ここは千星ちゃんが娘役をすると噂の注目シーン。

うーん、一瞬しか映らなかったけど、千星ちゃん地毛の黒髪短髪のままです。
「美女」の雰囲気は物足りないです。


たま様とさくらちゃんのデュエットダンス。

DB071712-F8CD-4DC9-BA61-B60C40516069
タイ風のピンクのドレスが綺麗ですね。



最後に、たま様初日のご挨拶

1335A9A6-4316-42D0-981F-6B56573D00D2
「今回は久しぶりのお芝居とショーの二本立てということで、また新鮮な気持ちで稽古に励んでまいりました。

えー、とても内容の濃い2作品ではありますが、特にお芝居のほうでは改めて日本物の所作を学び、作品を通して日本物ならではの風情を感じておりました。

また下級生にいたるまでそれぞれが、この作品のなかにおいて自分の役がどのように存在したらよいのかを、日々考え、悩み、探求し続け、今日という日を迎えたように思います。

新しい組の始まりに、大切な仲間との別れもあり、気持ちの忙しい日々となりそうではございますが、わたくしも皆様と同じように、1回1回の公演を大切に、大事に、心を込めて演じて参りたいと思いま。。。思います!

皆さま千秋楽まであたたかいご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

本日は本当にありがとうございました。」

70B62095-B962-4B16-8633-6FFC82BF4011

6月9日の千秋楽で月組2番手の麗しきみやちゃんが退団されます。

今回の公演は、みやちゃんとたま様の絆が表現された退団仕様になっていそうですね。

1幕では、みやちゃん演じる佐々木小次郎がたま様演じる宮本武蔵に、「ここまで這い上がってこい」と助け、見守る様子が、トップスターたま様を導くみやちゃんと重なります。


大劇場と東京宝塚劇場の千秋楽ではみやちゃんのサヨナラショーがあります。

大劇千秋楽のライブビューイングの先行抽選は3月22日までですよ。
最後まで応援しましょう。

歌劇 2019年 03 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2019-03-05
月組公演の座談会は3月号の「歌劇」に掲載されてますよ

宙組全国ツアーの上演作品が決まりました。大変動揺してしまいました。

19-03-14-23-56-18-386_deco

すみません、「追憶のバルセロナ」はよくわからないです。
が、「NICE GUY!!」はよくわかります。
ええ、真風さんがやるの??

19-03-14-23-56-46-175_deco

「その男、S」になってるー。
大空祐飛さんのときは「その男、Y」でした。

ショー・アトラクト『NICE GUY!!』は大空祐飛さんトップ時代の代表的なショーです。
当時の宙組らしさが詰まった、祐飛さんを存分に堪能できるショーでした。
副題「その男、Yによる法則」のとおり(?)、幕開きすぐに宙男たちがワイワイ(YY)言いまくる主題歌がまず楽しいです。

真風さんの副題は「その男、Sによる法則」だから、主題歌はエスエスになるのかな。
言いにくそう。。。
IMG_20190314_0001 - コピー

これ、ワイワイ言いまくる場面です。
歌詞も振付も変ですが、なぜか超かっこいい。
祐飛さんは大人の男らしさと妖艶さ、セクシーさやらたくさん持っており、このショーはそんな祐飛さんの様々な魅力がそれぞれの場面に出できます。
真風さんは男らしさに溢れた素敵な男役さんですが、素直な印象なので艶っぽい祐飛さんのショーができるのかちょっと心配。私個人としてはききちゃん(芹香斗亜さん)にやってほしいです。

IMG_20190314_0001 - コピー (3)

ワイワイした後に祐飛さんとトップ娘役の野々さんが銀橋に残って大変可愛らしいデュエットソング。二人の声と演技がこの場面にぴったりで大好きです。
ここは真風さんうまそうです。ちょっとヤキモチするまどかちゃんを、笑顔で転がす様子が想像できますね。

IMG_20190314_0001 - コピー (2)

ナイスアイドル祐飛さんが、チャン・グンソクさんの「let me cry」を歌います。懐かしい。
ここはきっと今どきの歌に変えるんでしょう。

IMG_20190314_0002 - コピー

ナイスセクシャル(?)祐飛さんの妖艶なダンスシーン。
これはもうお色気担当のききちゃんにやってもらったらどうでしょう。
惑わされる青年将校役はずんちゃん(桜木みなとさん)か、瑠風輝君がいいなあ。

IMG_20190314_0003 - コピー

夜のニューヨーク、ナイススマート祐飛さんがチャールストンを踊る中詰め。
祐飛さん退団公演もニューヨークでしたね。チャールストンの印象が強いです。

宙組でNICE GUYが再演されることは、NICE GUYが宙組らしい伝統の作品として取り上げられているようで、祐飛さんファンとしては大変うれしいです。
祐飛さん初演の作品はなかなか再演されませんよね。NICE GUYが初めてでは。
きっと祐飛さんにしか表現できない作品ばかりだから、再演されないのではとポジティブに考えていました。
やっぱり再演はうれしいです。
祐飛さんのNICE GUYが最高と思いつつも、新しいNICE GUYも大変楽しみにしています。




↑このページのトップヘ