こんばんは。ひさしぶりに書きます。

6月23日(日)17:00開演の大空ゆうひさんのBirthday Live行ってきました。
Screenshot_20190624-000116


ゆうひさんのお誕生日は6月22日。
東京ではCOTTON CLUB(6月22日、23日)、大阪ではビルボード(6月30日)で開催されます。
私が気づいてチケット申し込む頃は、お誕生日本番の22日は満席でした。


 初めてのCOTTON CLUB 
わたくしごとではございますが、COTTON CLUBは初めて入りました。
東京ビルボードより狭いかな。一番端でしたがゆうひさんとの距離は満足です。
お客さん同士の距離は大変狭いです。
クロークがあるので、なるべく荷物を少なくして客席に向かいます。
開演1時間前に開場して、受付を済ませた人は待合室でスタッフに呼ばれるのを待ちます。
待合室が結構狭め。元月組の瀬奈じゅんさん、霧矢大夢さんからのお花が飾ってありました。
10分くらい待ったかな。スタッフに案内されて開演まではカフェタイム。
ワンドリンク制ですが、他にもついついピザやらポテトやらサラダとか注文してしまいます。
テーブルも小さいのであんまり注文しない方がいいですねwww
開演時間になると客席が自然と静かになっていきます。
(みなさん慣れてらっしゃる)
だんだん照明が暗くなって、下手側の客席を通ってバンドのみなさんが入場。
一息ついて、同じところからゆうひさんが入場。
客席のみなさん、わーきゃー言いません。慣れていらっしゃる、尊敬です。


 「梅雨ノハレマ」開演 
最初の曲は「花鳥燈華」。ちょっとアレンジされてます。
この曲はゆうひさんの声質と雰囲気にすごく合っていて大好きです。

ゆうひさんの今日のいでたちは、、、
肩より少し長い美しい黒髪は、結ばず無造作に。
上の写真より前髪は多めで甘さがあります。
濃い紺か青の、ロングワンピース?
ノースリーブから、男役時代を彷彿とさせる逞しい肩と腕が見えます♡

曲順は、、、
IMG_20190623_235321119

ジャズと、シャンソンが多いですね。
Request Songsでは、まずカサブランカから「As time gose by」。
ゆうひさんから「なつかしいと思った人~」と聞かれると、客席のほとんどが挙手。
笑いながら、みなさんのおかげでここまでこれましたとお話しされました。
次は「銀ちゃんの恋」から何曲か。
蒲田行進曲を英語でジャズ風にアレンジされていて、ここまでのおしゃれな雰囲気を壊していません。すごい。

昨日と今日の東京は梅雨らしくじめじめとして、体も気分も蒸し暑かったですが、ゆうひさんの歌声は客席にさわやかな風を送ってくれました。
気分が洗われるような、癒されるライブでしたよ。
私が観た回はCSの衛星劇場で放送されるようです。(8月25日(日)19:30~)
2ndステージはもしかして公演を終えた宙組生が駆け付けたのでしょうか。
ジェンヌさんがいると元気な掛け声が入って、また違った楽しいライブになりそう。



帰宅してから、友達から借り上げた2005年の月組エリザベートを見ました。

これは私の初エリザベート。
彩輝直さんの「死ねばいい」は私の中でいまだ一番です。
もちろんルドルフのゆうひさんも最高。
今日は1幕だけみて力尽きたので、2幕はまた明日。

今週は恋スルアリーナやら、宙組新公やらでヅカファンは忙しいです。
がんばってお仕事切り上げて新横浜に向かいましょう(*´∇`*)