宝塚すみれレポート@まる

『美しいものを見ることは価値がある』宝塚歌劇関連の私的レポートを提供します!

2019年03月

宙組全国ツアーの上演作品が決まりました。大変動揺してしまいました。

19-03-14-23-56-18-386_deco

すみません、「追憶のバルセロナ」はよくわからないです。
が、「NICE GUY!!」はよくわかります。
ええ、真風さんがやるの??

19-03-14-23-56-46-175_deco

「その男、S」になってるー。
大空祐飛さんのときは「その男、Y」でした。

ショー・アトラクト『NICE GUY!!』は大空祐飛さんトップ時代の代表的なショーです。
当時の宙組らしさが詰まった、祐飛さんを存分に堪能できるショーでした。
副題「その男、Yによる法則」のとおり(?)、幕開きすぐに宙男たちがワイワイ(YY)言いまくる主題歌がまず楽しいです。

真風さんの副題は「その男、Sによる法則」だから、主題歌はエスエスになるのかな。
言いにくそう。。。
IMG_20190314_0001 - コピー

これ、ワイワイ言いまくる場面です。
歌詞も振付も変ですが、なぜか超かっこいい。
祐飛さんは大人の男らしさと妖艶さ、セクシーさやらたくさん持っており、このショーはそんな祐飛さんの様々な魅力がそれぞれの場面に出できます。
真風さんは男らしさに溢れた素敵な男役さんですが、素直な印象なので艶っぽい祐飛さんのショーができるのかちょっと心配。私個人としてはききちゃん(芹香斗亜さん)にやってほしいです。

IMG_20190314_0001 - コピー (3)

ワイワイした後に祐飛さんとトップ娘役の野々さんが銀橋に残って大変可愛らしいデュエットソング。二人の声と演技がこの場面にぴったりで大好きです。
ここは真風さんうまそうです。ちょっとヤキモチするまどかちゃんを、笑顔で転がす様子が想像できますね。

IMG_20190314_0001 - コピー (2)

ナイスアイドル祐飛さんが、チャン・グンソクさんの「let me cry」を歌います。懐かしい。
ここはきっと今どきの歌に変えるんでしょう。

IMG_20190314_0002 - コピー

ナイスセクシャル(?)祐飛さんの妖艶なダンスシーン。
これはもうお色気担当のききちゃんにやってもらったらどうでしょう。
惑わされる青年将校役はずんちゃん(桜木みなとさん)か、瑠風輝君がいいなあ。

IMG_20190314_0003 - コピー

夜のニューヨーク、ナイススマート祐飛さんがチャールストンを踊る中詰め。
祐飛さん退団公演もニューヨークでしたね。チャールストンの印象が強いです。

宙組でNICE GUYが再演されることは、NICE GUYが宙組らしい伝統の作品として取り上げられているようで、祐飛さんファンとしては大変うれしいです。
祐飛さん初演の作品はなかなか再演されませんよね。NICE GUYが初めてでは。
きっと祐飛さんにしか表現できない作品ばかりだから、再演されないのではとポジティブに考えていました。
やっぱり再演はうれしいです。
祐飛さんのNICE GUYが最高と思いつつも、新しいNICE GUYも大変楽しみにしています。




もう皆様ご存知の通りですが、


昨日、花組トップスター明日海りおさんの退団が発表されました。

19-03-13-21-32-05-871_deco

全世界のヅカファンが涙していることでしょう。


明日海りおさん。。。

 私などが説明するのも恐れ多いです。

 拙い文章のうえ、足りないことも多々あるかと思います。
 どうかご容赦ください。


宝塚歌劇団の真骨頂といえる非現実の美しさを、完璧に体現するジェンヌさんです。

舞台人として歌もダンスも素晴らしいですが、みりおさんはお芝居がなんといっても深いです。

深く深く計算され尽くした役作りからくる完璧なビジュアル。

私がみりおさんの最高だと思うのは「ポーの一族」

19-03-13-21-25-55-612_deco

他の作品ももちろん素晴らしいです。

毎回絵画のようなポスター。

ラストとなる作品も楽しみにしています。


舞台人としての才能溢れるみりおさんですが、ここまでの道のりは平坦ではありませんでした。

みりおさんの実力はずっと順当でしたが、劇団に振り回されてきた印象です。


いつもうらめしく思うのは月組の準トップ時代。

今もあの立ち位置は何だったのだろうと思います。

月組トップ霧矢大夢さん退団後、劇団は龍真咲さんをトップに、みりおさんは2番手でなく準トップという前代未聞な体制を発表しました。

みりおさんの為に作った「準トップ」という立ち位置。

みりおさん準トップの間の2作品は龍真咲さんと役替わりで主役を演じていました。

龍さんお披露目の「ロミオとジュリエット」と、「ベルサイユのばら」です。

19-03-13-21-26-32-278_deco
19-03-13-21-26-58-054_deco

懐かしいポスターです。

トップスターが役替わりするなんて、、、
(1番セリフの多い主役と、2番目にセリフの多い役のどちらも覚えないといけないし、役作りもしないといけないなんて!他の生徒さんが1つのお役を落とし込む間に、2つのお役をこなすのは倍のお仕事ですよ!もっとお給料あげてほしい。)


しかも新体制すぐの公演で役替わり、

組をまとめないといけないトップの龍さんはもちろん大変でしょうが、謎のポジションに立たされたみりおさんも、忙しい中どう振舞うべきかなど悩まれたかと思うとほんと可哀想でした。


この時期、劇団に振り回される二人を応援しようとファンクラブの人数が増えたのではと思います。

(というか自分がそうでした。)


月組でのトップが確約されているからと、準トップの忙しさに耐えていたら花組への組替えが発表。

花組2番手としての組替えって、準トップから降格では!?

今となっては花組のトップスターになるため仕方なかったと思えますが、当時は物議をかもしましたね。

当時の花組は真飛聖さん、蘭寿とむさんと熱く男らしいトップスターさんが続いていました。

みりおさん組替え前、蘭寿とむさんの代表作とも言えそうな「CONGA!」はとても素晴らしく大好きな作品ですが、フェアリーみりおさんがこの花組でやっていけるのか不安になる印象でした。




劇団に対する愚痴ばかり書いてしまいました。

(劇団からの)数々の試練を乗り越え、みりおさんは花組トップスターに。


トップスターになられてからは宝塚の伝説へとまっしぐらです。

私が思う、みりおさんの偉業

 ・宝塚史上最高の集客力

 ・宝塚オリジナル作品だけでの海外公演大成功

 (2015年台湾公演)

 ・「ポーの一族」の高い再現性

 ・宝塚歌劇初!舞浜アンフィシアター劇場でのコンサート

 ・宝塚歌劇初!横浜アリーナでのコンサート決定

 ・4人の嫁♡


そうそう、3人目の嫁のゆきちゃん(仙名彩世さん)は現在公演中のCASANOVAで退団することが決まっています。

ゆきちゃんとおしどり退団が良かったなと思いましたが、今日の退団会見でみりおさんが優しい心遣いを話されていました。


「蘭乃はなちゃん、花乃まりあちゃんが、退団の時に、ちゃんと『お姫様』として扱ってもらえて、サヨナラショーで彼女たちが主役で輝いている姿をみられるのがうれしかった。なので、ぜひゆきちゃんも見送ることができたらと思い、『カサノヴァ』の次の公演で、退団しようかなということを決めました。」


DBD01D6C-1916-4D4A-B613-CEE9BDF7210B
EE5771B1-9FD4-418D-BEB6-D9D1D02CA237
5FF6187F-08FC-4790-BD3E-D2AEAF0A14F2

3月11日宝塚大劇場千秋楽でのゆきちゃんサヨナラショーのひとコマ。

一緒に退団する愛もあれば、見送る愛もあるんですね。

寂しい気持ちもありますが、みりおさんの優しさに癒やされます。


まただらだらと書きましたが、私も全世界のヅカファンとともに最後までみりおさんを応援します。


そして、どうかこれ以上89期が退団しませんように!


今日のタカラヅカニュースでは月組の暁千星ちゃん(98期)のお気に入りが紹介されました。

B2372C2F-5E57-4DBD-BAEE-7A2CA69E9F0D

 お気に入りの稽古場アイテム 

彩音星凪君(101期)と柊木絢斗君(102期)がくれたジャージ。
13C10B5C-B96F-43F9-AFEB-6C9EBD9199B4
2B1F7F29-BDAC-4F0E-B47F-A6C5BBD08C20

一昨年のお誕生日プレゼントだそうです。

確か千星ちゃんの好きな色は黒でしたね。撮影時のお洋服も黒です。



 お気に入りの楽屋アイテム 

ルドルフをしているときに一羽萌瑠君(104期)がくれたもの。
C22768CB-B806-4F0D-B7DE-CF03729BD456
681547D8-F989-4C52-A304-55F86F4AEE71

千星ちゃんの「エネルギー源となるもの」が入っているそう。
食料でしょうか??

可愛らしいバッグですね。ルドルフよりドナルドかと思いました。



 お気に入りのお芝居 

千星ちゃんは2つのお役をあげました。
 エリザベート(2018年)の
「ルドルフ」

3D2EB6C7-8EB9-416D-A5A6-59A63B40C98A
F13FAF37-6B71-4170-BA90-C7B07FC74A69

今でももう一度演じたいとすごく思う役。

毎回違う気持ちで死んでいたそうです。
気持ちの変化を感じるお役であったと。

短い時間でお客様にルドルフの人生をどう魅せるかなど、学ぶことが多い役だったと話します。


そしてもうひとつは、
 長崎時雨坂(2017年)の
らしゃ」

6A787542-D297-44A8-BA12-9D3FB172B38A
千星ちゃんは、日本物に対して苦手意識があったそうです。

これは日本物の魅力に気付いた作品とのこと。

きっと轟悠様の和の美しさが、千星ちゃんを目覚めさせたのでしょうか。

千星ちゃん、役作りに対するお話を淡々と話していますが、長かったのかちょくちょくカットされています。

ひとまず、心をこめて演じたことが伝わります。



 お気に入りのダンス 

どんなダンスナンバーも好きだと話しつつ、でもこれが好き。
 A-EN(2015年)の
黒い鷲」

ちょっとバレエちっくなモダンダンス、人間じゃないお役、初めての表現方法がとても楽しかった作品、と話していました。
「難しかったけど、のびのびできたなぁ」とほわほわした調子で楽しそうにお話しされていました。

男役のダンスも好きだけど、モダンバレエの表現ももっとやってみたいなと。



 お気に入りの歌 

好きなお歌は2つあげていました。

ひとつめは、

 舞音新人公演(2015年)のクオンが歌う「金こそ力」

クオンという役自体好きだったそうです。
かっこいい悪役だったと振り返ります。

千星ちゃんの数少ない悪役です。
可愛いお顔の人に限って悪役に憧れたりしますよね。


ふたつめは、

 1789新人公演(2015年)の「悲しみの報い」

1幕ラストの歌ですね。

「説明できない良さがあるので聴いてみてくださいwww」と話して舞台映像へ。
83064E01-29A3-411B-9EC6-929A5DB01EDF



最後に千星ちゃんからファンの皆様への一言、
「暁のここがお気に入りと思ってもらえるようがんばりますので、注目してくださーい。」

千星ちゃんの次の公演は

 グランステージ
 『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』
 レビュー・エキゾチカ
 『クルンテープ 天使の都』
  
( 宝塚歌劇団公式HPへ )

夢現無双では吉岡清十郎役を演じます。
私は、宮本武蔵はバガボンドしか知らないのですが、吉岡清十郎って大変強くてクールな人物だったと思います。
冷淡に人を切り伏せる千星ちゃん、かっこよさそう!!


千星ちゃんはその次の公演も決まっています。

 ブロードウェイ・ミュージカル
 『ON THE TOWN』
  ( 宝塚歌劇団公式HPへ )

これは1月の公演に引き続き、同じチップ役を演じます。
前のブログに書きましたが千星ちゃんはぜひカストロをやってほしかったです。

うーん、千星ちゃんはまあチップ合っているので許せますが、、、鳳月杏ちゃんの配役が不満です。
なぜ美しいちなつさんが原始人なんでしょうか。花組で美しく成長されたちなつさん。月組に戻って新たな分野を開拓?でもファンは美しい麗しいちなつさんを観たいです!
ほんと劇団の意図がわからんです。


今日のタカラヅカニュース最後は「もっと!スカステしりとり」
今週のジェンヌさんは美弥るりかさん。
みやちゃん「前回、月組の暁千星さんが書いた言葉は『焼き芋』でした」
いつもそうでしたっけ? 下級生を「さん」付けするのも尊いし、みやちゃんが「焼き芋」と言うのも可愛らしいです。
最後みやちゃんに癒されて、ON THE TOWNの配役まあいいかとなってしまいそうです。

おひさしぶりです


東京では星組公演が盛り上がってますね。

タカラヅカニュースでは2幕「ESTRELLAS〜星たち〜」中詰の振付講座をやってました。


1571F35A-EBA8-434E-99A4-E307148C0865


え、もっと盛り上がっていいの?

中詰はこのシーン。

D26DC471-4E75-4AC6-80CD-BA77CCAE7036

ORANGE RANGEの「チャンピオーネ」を紅さんがすごい早口で歌うシーンです。
  Youtube「チャンピオーネ」へ(サビは1:27から)

サビの部分の振付を、星組スカイ・ナビゲーターズの紫りらちゃん(95期)、紫藤りゅう君(96期)が優しく教えてくれます。

1A3A5FC1-08CC-434A-8994-46DC7652ABC1


歌詞:HEY!Ready, Set, Go!ド派手にいこう!

紫りらちゃんが説明します。

 「右手から、空に2回パンチをしまーす」
B0C12BD2-3CBA-4CB6-9F70-4FA25B7CCC08

 パンチだって。
 りらちゃんが言うとほんと可愛いです。
 右と左1回ずつですね。

 「そしたら、右から3回手を振ります」
443E69A7-6BC3-4182-8DA6-C9360260C1D4

 両手でやります。


歌詞:サビだけに盛り上がろう

「その後、キラキラを前に届けてください」

50310BE7-3FAF-4807-8D2B-158665CA1089

 上げてた両手を自分の前におろします。

 キラキラより、メラメラか、それともオラオラに見えます。


歌詞:弾けろBODY & SOUL

「左から星を掴みます」

8CFCB330-BDF4-48EC-B48E-D30165862AAD
 お、星組っぽく説明しますね。

 左上から右手で何かを掴んで腰に引き寄せます。

C56BD9C7-D060-437D-9D02-75A9C8D96743
 反対も同じく。

 「そしてその星を体で弾いてください」
71FC4733-FFBC-425F-B6FC-A2F3AE90D8FC
DB8C166D-57D2-493A-B75A-B5B02456BA6D

 鎖骨あたりで弾いてますね。

 このときの紫りらちゃんの睨みがすごい。


歌詞:太陽より熱くなれ

「右から2回手を振ります」
DC9622B4-F209-41E5-9916-4F7344992193

 右手だけで振ります。

 「前の人に指差しで届ける!」

1072229D-B672-4C41-8BE7-9264647D5117
 何を!?

 あとは同じ振付の繰り返しだそうです。


歌詞:
HEY!Ready, Set, Go!走る雲

 ①と同じ振付です


歌詞:追いかけるぜ!Oh, FULL回転

 ②と同じです


歌詞:大地を蹴り上げ

 ③と同じです


歌詞:空を突き抜けろ 君の笑顔で

 「右から2回手を振ります」

 ④と同じく右手だけで2回振ります。

 最後は紫藤りゅう君が説明します。

 「手を上で1回まわしてから、最高級の笑顔で『キラッキラッキラッ』とやってください」

 振ってた手をそのまま頭の上で1回まわして、降ろしたあとに『キラッキラッキラッ』だそうです。

C0894AEB-6C2B-4FF3-8BE8-340F13AAA696
4606E05C-3969-408C-98CA-0A0B95A00CF6
044D073B-47E8-4915-A07A-B5547B054D46
71B0025E-F2E9-4DB0-8E2E-DC9C0B955972
 『キラッキラッキラッ』!!


「パンチ!」と言うりらちゃんが可愛すぎます。
そしてときどき男役の紫藤君より鋭い、りらちゃんの目にうっとりします。


振付に自信のない方は手拍子でもOKと言ってくれています。

二人の足元は映らないので、座ったまま腕だけ動く想定です。

通路側のチケットが来たときは踊りたいですね。
ジェンヌさんに反応してもらえるかも!

「この公演は3月24日まで上演中」の後ろの二人が楽しそうで癒されます。

84B18AB5-65DB-45AF-BCCE-DD484AD47925
BC937A6C-2206-404D-A7FA-9A4CC7E891AC
8924CF9C-E221-473C-8FE1-585155CA5A80

歌劇 2019年 03 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2019-03-05
ああ!今日発売日ですよ!みやちゃんが表紙ですよ!早く買わねば


↑このページのトップヘ