今日のタカラヅカニュースでは待っていました月組舞台映像が流れましたね。


 グランステージ

 『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』

 レビュー・エキゾチカ

 『クルンテープ 天使の都』


宝塚大劇場では3月15日(金)から4月15日(月)まで上演します。

昨日の初日映像がもうニュースに流れます。

スカイステージがんばっていますね。


まず、1幕『夢現無双』から。

オープニングは戦争のシーンでしょうか。

月組トップスターたま様(珠城りょうさん)と月城かなとさんが黒と赤の甲冑姿で楽しそうにしています。

A0D25156-189C-4C10-ABA5-4ABDF3A79000

ああ、トップスターが沢庵和尚(光月るうさん)に吊るされています。

7BF9CA2B-7E9C-471B-8924-A1B16560658A
D1A8B960-6A0B-4DF1-AAF5-EAC7C7612B0B

吊るされたあとはるうちゃんにねじ伏せられたり。

F8C8390D-CDED-4BFF-B4EC-DD13B29A238B

吉岡清十郎(暁千星さん)にやられたり。

トップスターたま様がやられるシーンばかり。。。

さすが月組。


みやちゃん(美弥るりかさん)演じる佐々木小次郎が銀橋で歌います。

「西を目指して、この腕磨かん」

19BE07F7-18C3-415F-A1B4-4B89FFBDF514

うわ、腕ほそいっ。


0CBE3DCB-DE12-42B4-95AF-ADA7B7847A45

たま様とみやちゃんの並び。

この公演きり見れなくなるかと思うと、物語に関係なく胸がじんわりします。


たま様がお通さん(美園さくらさん)に迫られるシーンでダイジェストは終わりです。

1E6D9515-C090-4318-8814-2B6912DDAE3F


「私がお嫌いですか?」

「ちがうっ!」

「お慕いしておりました。ずっと昔から。」


恋に不器用な役は、たま様にぴったりですね。

あんなに逞しいのに、目をパチパチして動揺しているたま様が可愛いです。

この続きは劇場で。


次は2幕『クルンテープ 天使の都』のダイジェストです。

宮本武蔵が金ピカになって登場。

497E1DA8-AD01-4AEF-AD8C-5154B1ED63D7

黒髪長髪がエキゾチックですね。

タイについてよくわからないですが、タイの王族っぽい華やかな衣装です。


そしてみやちゃんは、、、

6F4B5769-4A21-4FCE-BC04-B915C2DB2195

黒髪長髪のみやちゃんは色っぽいです!

これは早く劇場で観たい!


そしてきっと今回のショーの一番の見どころ。

たま様とみやちゃんのデュエットダンス。

4C4F0BD9-4157-404A-8D2D-1CF01EA783B5

今月の「歌劇」を読みましたか?

演出の藤井大介先生がこの場面を解説しています。


「二人は愛でも友情でもなく、なんというか前世で出会っていて”出会わなければいけない運命”みたいな、すごく抽象的ですけど。」

「必要な時に互いに励まし合い、慰め合い、愛し合い、、、最後は再び蓮の花の中で溶け合うという、ちょっと摩訶不思議なデュエットダンスになります。」

(「歌劇」3月号の63ページ)


二人の絆を表現したシーンです。

全く違った魅力を持つお二人で組を支えてきた2年間が終わろうとしています。

みやちゃんの退団は月組のひとつの時代が終わるような気がします。

きっと素晴らしいシーンとなるでしょうが、寂しさが募りますね。


「王様と私」の”Shall we dance?”で中詰め。

82790863-9A7A-4EE4-A6BC-7E455CB946D6

たくさんの色と、ラテンの衣装が華やか。


舞台はクラブのセットにうつります。

ここは千星ちゃんが娘役をすると噂の注目シーン。

うーん、一瞬しか映らなかったけど、千星ちゃん地毛の黒髪短髪のままです。
「美女」の雰囲気は物足りないです。


たま様とさくらちゃんのデュエットダンス。

DB071712-F8CD-4DC9-BA61-B60C40516069
タイ風のピンクのドレスが綺麗ですね。



最後に、たま様初日のご挨拶

1335A9A6-4316-42D0-981F-6B56573D00D2
「今回は久しぶりのお芝居とショーの二本立てということで、また新鮮な気持ちで稽古に励んでまいりました。

えー、とても内容の濃い2作品ではありますが、特にお芝居のほうでは改めて日本物の所作を学び、作品を通して日本物ならではの風情を感じておりました。

また下級生にいたるまでそれぞれが、この作品のなかにおいて自分の役がどのように存在したらよいのかを、日々考え、悩み、探求し続け、今日という日を迎えたように思います。

新しい組の始まりに、大切な仲間との別れもあり、気持ちの忙しい日々となりそうではございますが、わたくしも皆様と同じように、1回1回の公演を大切に、大事に、心を込めて演じて参りたいと思いま。。。思います!

皆さま千秋楽まであたたかいご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

本日は本当にありがとうございました。」

70B62095-B962-4B16-8633-6FFC82BF4011

6月9日の千秋楽で月組2番手の麗しきみやちゃんが退団されます。

今回の公演は、みやちゃんとたま様の絆が表現された退団仕様になっていそうですね。

1幕では、みやちゃん演じる佐々木小次郎がたま様演じる宮本武蔵に、「ここまで這い上がってこい」と助け、見守る様子が、トップスターたま様を導くみやちゃんと重なります。


大劇場と東京宝塚劇場の千秋楽ではみやちゃんのサヨナラショーがあります。

大劇千秋楽のライブビューイングの先行抽選は3月22日までですよ。
最後まで応援しましょう。

歌劇 2019年 03 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2019-03-05
月組公演の座談会は3月号の「歌劇」に掲載されてますよ