今日は昨日に引き続き天寿光希さんの「もっと!男役道〜星組Part2〜」です。
19-02-14-23-15-24-519_deco

引き続き、蒼舞咲歩さん、碧海さりおさん、天飛華音さんが男役について質問します。

今日は下級生の天飛君から質問開始です。

Q.キスシーンの極意を教えてください!

字幕はこれでしたが、天飛君は「キスの極意を教えてください」と言っていました。
19-02-14-23-31-33-657_deco

タカラヅカニュースって朝からやっているんですよね?
私は22時のを見ているんですが、、、朝からなんて話をしてるんですか!
天飛君ありがとう!

天飛君は今回の新人公演で初めてのキスシーンが。
舞台稽古の映像を皆で見たとき、機械みたいと言われたそうです。若いなぁ。

天寿さんの印象に残るキスシーンとして、天飛君は2018年「ドクトルジバゴ」を挙げました。
強引さと優しさが同時に出ている素晴らしいキスシーンでしたね。
19-02-14-23-32-41-931_deco
19-02-14-23-33-21-052_deco

天寿さん、笑いながら「いや、今回(天飛君のキスシーンは)別に強引じゃないよね」と。

そうですよね。天飛君も私達と一緒で、只々天寿さんのキスの極意を知りたいだけですよね。

てんてんは笑いながらキスについて話し始めまが、すぐに真剣な口調に。

まず、2014年バウ公演「かもめ」のトリゴーリンてんてんと城妃美伶ちゃんの優しい甘いキスシーンを思い出します。映像も出ます。
19-02-14-23-33-59-380_deco
19-02-14-23-34-31-176_deco

てんてん「お互い目を見て、気持ちがあって、キスするという方が、、、、好きだなぁ」(大真面目)

A.手は隠すという意識ではない
A.キスの段階の時に人として温度を感じる
A.リアルな感情があれば嘘ではなくなる


ここ字幕が出る間隔が狭かったですwww重要なお言葉がたくさん出てきます。

リアルにするために、恋人同士のように手は自然と握って、次は相手の頬に触れ、唇。(振り付きでした。)
キスのときたまたま手があるだけで、手で隠すために置くのではないそうです。
触れることでお互いの温度を感じ、お互い気持ちがさらにリアルになるようです。
娘役さんの気持ちも引き出そうとエスコートされているんですね。

A.役の人物像を理解する

コマロフスキーはああいう人物だったから乱暴になったとのこと。
人物像によりキスシーンもそれぞれ変わるんですね。

A.動きの決まり事があっても、そこに感情がないといけない
A.相手役をとにかく大切にする
A.お互いの体温を感じてラブシーンを作る


コマロフスキーのような乱暴なことは滅多にないので、とにかく相手役を大切に、お互いを感じてラブシーンを作ってほしいと話されました。

あら、いつの間にかラブシーンの話になってる。



次は碧海さりおさんの質問。

Q.役の演じ分けや切り替えについて教えてください!

碧海さんは2018年「ANOTHER WORLD」新人公演でてんてんのお役を演じたそう。
てんてんはすぐ後の公演(東離劍遊紀)で悪役をされています。杢兵衛と蔑天骸のような大きな差があるお役の場合、どうやって切り替えているか気になったそうです。

てんてん「でもさー、みんなも2時間半の舞台に立っていて、いろんな役をやってるじゃん」

そうですよね。
てんてんは役作りについて話されます。

A.衣装合わせの時に役の動きや髪型を考える
A.台本から心の動きとストーリーを読み取る
A.台本を初めて読んだ時の第一印象を大切にする
A.その感情以上のものをお客様に感じてもらう


てんてんいわく、お客様が舞台を見るときと、ジェンヌさんが初めて台本を読むときのまっさらさは同じだそうです。

うーん、どうでしょう。
宝塚初心者はまっさらかもしれませんが、ヅカファンは情報収集してそれなりにイメージを膨らまして初日に臨みますよね。

てんてんは第一印象も台本で読むジェンヌさんと、舞台を見るお客様を同レベルで話しています。
なんだかこれもそうですが、文字で見るジェンヌさんと、美しいジェンヌさんが演じる舞台を見るファンで第一印象が違う気が、、、。

てんてんはお客様のことを純粋だと思っていらっしゃるようです。
そう思っている天寿光希さんが天使です。ありがたいです。

A.役によって呼吸が違う
A.台本に書かれていないことも考える
A.セリフにないことを役として話す


一人で家にいるときなど、役としてしゃべりまくるそうですよ。

A.ワークショップをグループ芝居以外の時もする
A.出番前、イメージを膨らませて前に何があったかを想像する


イメージを膨らませて嘘をなくしていくそうです。

A.役として過ごしイメージをすることが大事

湖月わたるさんがフェルゼンをされたとき、1日フェルゼンとして過ごした事をてんてんに教えてくれたそうです。

てんてん「紅茶を沸かすところから始まって、そのティーをどうやっていれて、どうやって飲むんだろう、どういう音楽がかかっていて、どういう本を読んでいるんだろうって。」
イメージがすごく湧くというお話でしたが、私は「ティー」発言に反応してしまいます。

A.見て学んで自分の体の中に動きや話し方を入れる
A.人間観察が大事


イメージがないとき、例えばてんてんにとって杢兵衛さんのようなとき(秋田出身のてんてんにとって関西弁はイメージしづらいですよね)は、見て学んで、動きやしゃべりを自分の体に入れるしかない。
まわりにヒントはたくさんあるから学ぶだけじゃなく人間観察も大事と話されました。


最後、蒼舞咲歩さんの質問は、

Q.踊っている時の目の使い方、髪型などで意識している事を教えてください!

天寿光希さんのダンスといえば、「風と共に去りぬ」のショーのカンカン帽が印象的と話す佐賀ジェンヌ。

A.場面によって色を考える
A.オラオラ系のダンスの時は思い切って攻める


オラオラ系がきたらここぞとばかりに攻めてみるのが星男だそうです。

てんてんが下級生のときの上級生はほんとに濃かったと話します。誰のことでしょう。
どうやったらそこに食いついていけるか、といことばかり考えていたそうです。

どこにいても絶対見てくれるのが宝塚のお客様と話すてんてん。そのとおりです。追い求めます。
だから出し惜しみせずやったほうが良い、と3人にアドバイスします。

A.髪型の固まり具合も計算する

これくらいの固さだから、動いたらどう髪が動くかなと考えるそうです。が、これは難しいよねと、下級生をフォローします。

最後に蒼舞咲歩さんからお願い事、、、
Q.お客様を射抜く目線のお手本をお願いします!

今回のお手本は目線だけで射抜いてきます!
冒頭で使った写真ですが、、、
19-02-14-23-15-24-519_deco

下級生三人が射抜かれてうめき声をあげます。

てんてん難しかったようで、「振っといてなんだけど、この部位(?「ぶい」って聞こえるんですがVTR?)は私は絶対見ないぞ」と、にこにこしながら言います。
照れているのでしょうか、可愛いです。

優しく応援しながら下級生一人ずつにもやらせていました。
アドバイスも三人それぞれ違います。よく見てるなぁ、素敵な上級生だなぁ。
明日も楽しみです。

Part3に続きます!