2019年2月10日(日)雪組東京宝塚劇場公演。
午前の阪急交通社貸切公演を観劇しました。

「風斗の日(2月10日)」に望海風斗さんと同じ場所にいるなんて幸せです。
ささやかな幸せを感じつつ、さらに幸せなことに今日はファントムのブルーレイ、DVD、CDの先行発売なんですね。知らなかったです。
キャトルレーヴのレジ待ちの列がすごかったです。 私も並んできました。
早く到着しててよかったです。
19-02-11-00-08-22-535_deco
思いもよらず手に入って嬉しいです。

さてファントムは12月に大劇場で観た以来です。
とても楽しみでした。雪組ファントム最高でした。

感想は12月の記事にも書いたので、追加で思うところを書いていきます。
12月の感想はこちらから↓↓↓
「宝塚大劇場公演「ファントム」感想1」
「宝塚大劇場公演「ファントム」感想2」


第1幕
序 オペラ座 

娘役さんたちの動きが大劇と違いましたね。ファントムのお母さん役の朝月希和ちゃんは東京では一人で登場。お母さんとファントムの絆がしっかり伝わる演出になったんですね。

ファントムが銀橋に来るところ、新人公演で従者の娘役さんが美しくトリプルを決めていました。本公演は、、、沙月愛奈さんが激しい4回転を決めていました。すごい!89期万歳!


第1場オペラ座通り

きぃちゃん(真彩希帆さん)が大劇より美しく可愛らしくなっている気がする!
ただ単に私が惚れてしまっただけかも。

第3場Cオペラ座の廊下

ここで扉を開ける従者の鳳華はるなさんを見ようと、見ようとずっと思っていたのに見逃しました! ブルーレイに入っているといいのですが、、、今日の1番の心残りです。

第5場Cオペラ座 舞台

舞咲りんさんカルロッタの個性がさらに爆発してました。声も演技もまさに自由自在。
朝美絢さんショレが舞台からはけるとき「春のうららのカルロッタ〜♪」とアドリブ。舞咲りんさんに褒められていました。可愛いカップルです。

第5場Dオペラ座 舞台(Home)

やっぱりきぃちゃん可愛らしくなっていると思います。
マドモアゼルきいちゃんに君の歌をみさせてくれないかと頼むファントム。クリスティーヌはあやしい人に声かけられてすごく怖がっているのですが、望海さんの歌声を聞いて安心する表情の変化が良いです。本当に望海さんの声は安心するような、頼もしいというか、ともかく魅力的な心に響く声。
この声でクリスティーヌも客席も望海さんファントムに落ちます。
この公演は、主人公たちと客席との気持ちの一体感が素晴らしい。歌って素晴らしい。

第2幕
第5場B森

大劇と比較して、この場面のエリックの少年感が強かったです。コートを脱いでいるのも、華奢さから少年さを出している演出だと感じました。きぃちゃんが逃げ出してエリックが泣くところは、前回よりエリックの声が高く、小さな子供が泣いているようでした。エリックがクリスティーヌと母を重ねていることがより伝わりました。

きぃちゃんは仮面を取ったエリックが近づき、逃げ出す直前まで、笑顔を見せようと努力しているのが見えます。エリックお母さんとは違うけど、クリスティーヌなりの愛があるように感じました。
ただ生理的に無理と思うほど崩れているんですよね。客席から見える望海さんは美しいですけど、客席から見える美しい望海さんはエリックの心の純粋さを表していて、実際のエリックはとんでもない顔なんですよね。
きぃちゃんのなんとか笑顔を保とうと耐えている姿が、今まで見たファントムよりエリックとクリスティーヌの愛が感じられて好きです。

第8場オペラ座 舞台(エピローグ)

エリックが撃たれて最後の場面。
クリスティーヌが笑顔でエリックの仮面を取って、エリックが息を引き取る瞬間まで笑顔でエリックを優しく見つめるきぃちゃんが天使でした。
さっき逃げてしまったのはちょっと驚いただけで、やっぱり愛があったんだよねと思わせてもらえます。
エリックも客席も天使きぃちゃんに救われます。 悲しみを堪えて、優しい笑顔を浮かべるきぃちゃんクリスティーヌの強さと愛の表現が素晴らしい。



東京のファントムは大劇場のときより、みんな気持ちをさらに作り込んでいるように感じました。
より分かりやすく、そしてより客席を幸せにする方向に進化していました。
東京のバージョンまた観たいです。
スカステで早くやらないかな。