こんばんは。
今日の宝塚ニュースでは1月31日(木)に初日を迎えた専科公演バウ・コメディ「パパ・アイ・ラブ・ユー」の初日の模様が放送されました。
主演は専科の轟悠様。
専科公演と言われていますが専科からは轟悠様と悠真倫さんの2人だけ出演。他は宙組若手陣が10名出演しています。

バウ・コメディシリーズとは、宝塚バウホールで轟悠様主演で行われるコメディ作品。
「おかしな二人」(2011年)、「第二章」(2013年)に続き、今回は第三弾です。だいぶ間があいてたんですね。

おかしな二人と第二章のときは、宝塚バウホールだけでなく、東京の日本青年館でも公演されたのですが、、、今回はないです。
宙組別箱の「群盗−Die Rauber−」の公演とかち合って、芹香斗亜さんが優先されてしまいました。
芹香斗亜さんは悪くないです。
轟悠様でなく、芹香斗亜さんが東京に来ないなんてことも哀しすぎます。

なんで両方とも東京にこないのか。
東京で青年館が駄目なら赤坂ACTシアターがあるじゃないか。

しかし2月の赤坂ACTシアターは、みっちり中島みゆきさんのコンサートが入っています。
宝塚は負けたんですね。
そんなこんなでせっかくの轟悠様主演公演が宝塚だけ、しかもライブビューイングもないので東京の私は諦めモードです。

ひとまずタカラヅカニュースでダイジェストを見て楽しみます。
あらすじは、
「順風満帆な人生を歩む総合病院のエリート医師デーヴィッド・モーティマーは出世のかかった重大な記念講演のスピーチを目前に控えていた。そこに18年前に別れた恋人が現れ、二人の間に生まれた息子が父親を訪ねてやって来ると告げる。“隠し子”の存在など寝耳に水のデーヴィッドは嘘に嘘を重ね、クリスマス直前の病院を大騒動に巻き込んで行く……。」(宝塚公式HPより)

轟悠様の白衣姿は凱旋門以来ですが、だいぶひょうきんな雰囲気で登場。
18年前に別れた恋人は愛白もあちゃん。
轟悠様に息子が父親を探していることを相談しているところに、現奥様役の遥羽ららちゃんが現れます。
何も知らない遥羽ららちゃんがニコニコお上品に「まずは入院病棟の看護婦にご相談なさったら」。
愛白もあちゃん「こんなこと看護婦に相談できるわけないじゃない!」。
遥羽ららちゃん「あらじゃあ、わたくしが」。
轟悠様「(高い声で)だめぇ!!」。
もうこの声すばらしい。轟悠様が映っていないのが残念。

息子役の留依蒔世くんはホンモノのモヒカンで登場。気合入っていますが、お父さんと全然似てないですよ。
医者のお父さんを探している留依蒔世君に、僕は痛風でイボ痔の患者ですと嘘をつく轟悠様。
あとでお友達の悠真倫さんに、「それは尻からでまかせ」と思い切ったポーズで話しています。
轟悠様にそこまでさせないでと思ってしまいます。
ひとまず客席から笑い声が聞こえててよかったです。

美月悠さんは院長役。
小児病棟のクリスマス会の場面でしょうか。そのままフィナーレになるのでしょうか。
ヒゲをたくわえた院長先生が天使の格好で踊りまくります。
10名の少ない宙組生で客席降りも。もう節分も過ぎているのにクリスマスメドレーなのが気になりますがコメディだからいいのでしょう。
轟悠様も白地のラメ多めのスーツに赤いバラを挿してクリスマスソングを歌います。

初日終演のご挨拶を終えて幕がおりるまで手を振る轟悠様、にこにこしていて可愛らしいです。



うーん、楽しそうです。
タイトルにコメディでいいのかと書いてしまいました。
私は轟悠様の熱い真剣なお芝居が好きです。
コメディもお芝居の1つ。
幅のあるお芝居が出来る轟悠様だからコメディ作品もありなんでしょうね。

でもやっぱり美しい人にイボ痔とか言わせないでほしいです。
タカラジェンヌはフェアリーですから。

ではでは今日の他のニュースは、

宙組博多座公演初日

1幕の「黒い瞳」のニコライの真風涼帆さん、プガチョフの愛月ひかるさんは安定の演技力。
ロシアの青年将校とカリスマ性溢れるオッサンにしか見えないです。(男にしか見えないです)
星風まどかちゃんはロシアの女の子が似合いますね。
朝夏まなとさん退団公演「神々の土地」での可愛らしさが復活です。博多に行くべきだったかと思います。
ずんちゃん(桜木みなとさん)がちゃんと悪い人になっています。でも美しい。美しい悪人ってモテますよね。
ダイジェストはニコライとプガチョフの掛け合いはカットされました。千秋楽のニュースではどうか映してほしいです。

2幕のショー「VIVA!FESTA!」は愛ちゃんがスッキリして登場。
愛ちゃん、オーシャンズ11まで宙組にいてほしかったです。ベネディクトなんてぴったりだったと思います。
ずんちゃんは美しさに磨きがかかってきましたね。色気が出てきたのは、ききちゃん(芹香斗亜さん)のお色気の影響ではと思ってしまいます。

終演後の組長寿つかささんのご挨拶。後ろで映る純矢ちとせさんの微笑みが美しいです。
客席の盛り上がりがすごいですね。カーテンコールで手を上げて手拍子する客席が映り込んでいます。楽しそう。

ハハハミング

今週の歌は2017年星組「オームシャンティオーム」から「バラ色の人生」。
かいちゃん(七海ひろきさん)バージョンです。
かいちゃんの悪役は美しくダンディですね!
歌より映像が頭に残ります。



スカステしりとり

お!今週のタカラジェンヌは七海ひろきさん!
前のコーナーから、かいちゃんが続きます。
先週、紅ゆずるさんが書いた「けん玉」に続きます。

A.マリー or B.マイヤーリンク

どちらも「うたかたの恋」のキーワードですね。
どちらかわからないですが、、、かいちゃんに「マリー、来週の日曜日、旅に出よう」と言ってほしいのでAにしようかな。