1月28日(月)に日本演劇協会創立70年記念演劇人祭が開催され、専科の凪七瑠海さんと月組若手スターさんたちが参加していたんですね。
今日のタカラヅカニュースで初めて知りました。
集合日の前日に東京のショーに出ていたなんて、休みなくて心配してしまいます。
Screenshot_20190130-215137
「演劇人祭」のページへ

演劇人祭とは、日本演劇協会が1954年から約5年に1度実施され、日本演劇への功労を表彰する祝典と、さまざまな分野の演劇人が披露する祝賀芸能からなる2部構成の催し。
かちゃさんと月組メンバーは祝賀芸能として「すみれファンタジー −宝塚歌劇105周年 名曲を綴って−」を披露されました。
月組にまつわるメドレーで花詩集、クリスタル宝塚、ファンタスティックエナジー、ダンスロマネスク、アパショナードなどなど。
ヅカファンとしてはとてもおいしい選曲です。
月組のメンバーは暁千星さん、麗泉里さん、風間柚乃さん、天紫珠李さん、彩音星凪さん、結愛かれんさん、礼華はるさん、羽音みかさん。
千星ちゃん、いつもながらとんでもなく足が上がってます。歌もますます上手くなって、頼れるスターさんです。
かちゃさんのアパショナードはいいですね。キレの良さが抜群です。宝塚らしい黒燕尾から、スパンコールいっぱいの紫のスーツに着替え華やかです。
最後は宝塚Foreverを歌われていました。

演目を見ると、宝塚の次は坂東玉三郎さんの地唄舞「雪」。
豪華な内容だったんですね。タカラヅカニュースではもちろん他の演目のダイジェストはありませんでした!

今日の新しいタカラヅカニュースはもう一つだけです。

花組カサノバ稽古場レポート

航琉ひびき君、鞠花ゆめさんがレポーター。
桜咲彩花さんと和海しょうさんがゲストです。
桜咲彩花さんはゆきちゃん(仙名彩世さん)のお付きさん。ゆきちゃんに振り回されるそうです。
和海しょうさんは柚香光さんの部下。こちらも振り回されているそうです。れいちゃんは最初は格好良く登場するそうですが、話しが進むにつれてへっぽこになるそうです。楽しみです。

まず出てきたオススメのシーンは、みりおさん(明日海りおさん)、マイティ(水美舞斗さん)、ゆきちゃん、桜咲彩花さんの馬車の場面。桜咲彩花さん以外の3人でラップをするそうです。ラップがまず難しいのに振付も大変そうで。ゆきちゃんがラップをするなんて、これも楽しそう。

和海しょうさんのオススメのシーンは、、、カサノバがやるインチキ占いのパラリス神。パラリス神の声が和海しょう君らしいです。みりおさんにパラリス神が降臨したときに聞けるそうですよ。説得力がある声だそうです。

桜咲彩花さんはこの公演で退団です。稽古一瞬一瞬を大切にしてお客様に楽しんでいただける舞台を作っていきたいと、話していました。まだ実感が全然わかないと話しています。同期の航琉ひびき君は隣で泣いちゃいました。

花組宝塚大劇場公演カサノバは2月8日(金)からです。



雪組東京宝塚劇場で公演中の「ファントム」。
副組長の奏乃はるとさんが体調不良で今日の13:30公演から休演。
休演者のお知らせ(宝塚歌劇HP)
ジャンクロードの代役は鳳華はるな君。
従者役がすごく良かったのでちょっと残念。ジャンクロード役も楽しみにしてます。