宝塚大劇場内にある宝塚歌劇資料館の「宝塚歌劇の殿堂」3階企画展ゾーンでは1月1日から台湾公演展が開催中です。
今日のタカラヅカニュース内で、展示の内容を七海ひろきさんが紹介していました。
展示内容は2018年に行われた第三回星組公演が中心になっているようです。
かいちゃんは「サンダーボルトファンタジー東離劍遊記」の布袋劇人形や舞台衣装を見て回ります。
かいちゃん演じた殤不患の衣装の前にくると、いつものかいちゃんの調子で「久しぶり」と声をかけます。
殤不患の剣を見て、この剣で色々な殺陣を演じ思い出深いなと話していました。
思い出深い小道具なのに展示品だから触らずに解説されるかいちゃん。見ていてちょっと寂しいです。

かいちゃんもおすすめする台湾公演展は2019年3月11日(日)までです。私は行く予定ないです。
でも東離劍遊記はいつも気になります。DVDを買おうか買うまいかいつも悩みます。


早くスカステでやってくれないかな。

では今日のタカラヅカニュースのダイジェストです。


月組アンナ・カレーニナ千秋楽

1月24日に行われた千秋楽のダイジェストが放送されました。
千秋楽のライブビューイングを見てきたので舞台の内容はそちらを見てください。
「月組アンナ・カレーニナ千秋楽」へのリンクです
千秋楽のご挨拶
組長の光月るうさんに「宝塚の愛の巡礼こと美弥るりか」と呼ばれて、主役のヴィロンスキー伯爵を演じたみやちゃんが爆笑しながらセンターに出てきました。

千秋楽まであたたかい応援を向けてくれたお客様への感謝の気持ちを、優しい上品な眼差し、セクシーな低めの声でお話されました。声の調子を聞いているだけで癒やされます。拍手がなかなか鳴り止まないです。みやちゃんのツヤツヤのリップから目が離れないです。

月組ジャンプの掛け声は愛の巡礼みやちゃんから「月組が誇るセクシー組長」光月るうさんにお願いされてました。光月るうさんも笑ってしまいます。本科予科の間柄なのにこのお二人は仲良しですよね。みやちゃんが途中、るうちゃんのことを間違って「先生」と呼んでいました。みんな笑いが止まりません。

みやちゃんがブルーレイ発売決定を間違って告知してしまったところはカットされてました。
ドロドロしたお芝居でしたが、カーテンコールはいつものみやちゃんの調子でほんわか和やかで、客席は救われます。

雪組「ファントム」新人公演

1月24日に行われた東京の新人公演のダイジェストです。
宝塚大劇場のときとは違うカットなのが嬉しいですね。
美しい綾凰華ちゃんの顔の傷が大劇よりうまく貼ってある気がします。
従者の女の子の3回転ピルエットが完璧!
アランショレ役の陽向春輝君は、彩凪翔君と朝美絢君とも違った役作りに見えます。葉巻がキマってます。
美しい綾凰華ちゃんの青いマスクは顔にぴったりしてます。
シャンドン伯爵の彩海せら君、明るいスーツが似合う華やかな男役さんです。
野の花ひまりちゃんのビストロの場面、よく歌い切りました。よく頑張りました。
ファントムのお父さんの縣君がエリックを叱る噂の場面が映りましたよ。お父さんらしさが出ています。
美しい綾凰華ちゃんの白いマスクは、やっぱりお顔より大きく見えます。
縣君と綾凰華ちゃんの銀橋のシーン。綾凰華ちゃんは泣いているように見えます。あつい演技です。
本公演に負けずに高評価な新人公演でしたね。スカステで全編放送される日を待ち望みます。

宙組『黒い瞳』稽古場レポート

レポーターは七生眞希さん。
ゲストは愛月ひかるさん、星吹彩翔さん、若翔りつさん。若翔りつさんはよく新人公演で愛ちゃんのお役をやる子ですね。

宝塚大好きな愛ちゃんにとってプガチョフはやってみたいお役の1つだったのではと思います。愛ちゃんのプガチョフ、絶対うまいんだろうなぁ。
星吹彩翔さんは眼帯するそうです。気になります。
戦闘シーンが宙組バージョンで新しくなったそうです。前までより宙組らしく男臭くなっているそう。
モンチとりくの戦闘シーンが愛ちゃんのオススメらしいです。同期同士ならではのタイミングで繰り広げるそうです。
愛ちゃんとゆりかさんの友情のシーンが、今の二人の関係と重なって愛ちゃん自身がジーンとするそうです。次はいつ会えるか分からないと言いながら別れるシーンに、愛ちゃんだけでなくみんなグッときているはずです。
愛ちゃんの見どころがたくさんある舞台になりそうですね。
同期の愛ちゃんともんちの掛け合いが楽しいトークでした。

宙組「黒い瞳」は2月2日からです。

サヨナラインタビュー 雪組 陽向春輝さん

雪組東京宝塚劇場公演「ファントム」で退団する陽向春輝君のインタビューです。
大劇場の千秋楽は幸せな1日だったそうです。
ファントムではフィナーレの銀橋渡りの演出に感謝を述べていました。銀橋の抜擢が流れましたが、陽向君がめいいっぱい明るく元気に銀橋を駆け抜ける様子に、辞めてしまうなんて勿体無いと思ってしまいます。

過去の作品「DramaticS!」では夢だったロケットボーイができて幸せだったことを振り返っていました。この舞台の抜擢もよかったです。
ひかりふる路の新人公演では夏美ようさんがされたタレーラン役に苦労したことを、思い出深く話していました。

宝塚生活を振り返って、、、
陽向君は雪組に入るのが夢だったようです。希望した組に入れたことも幸せだし、一緒にいろんな芝居をした下級生、最高な同期、上級生からは最高に愛をもってご指導くださり、どれかがなかったら今の私はいないと話していました。
今の陽向君は自分に満足していることが感じられます。組子のみんな、お客様に感謝の気持ちでいっぱいと話します。
東京の千秋楽まで成長し、私らしく全力でかけぬけたいと話していました。

ハ♪ハ♪ハミング

今週の曲は2017年花組のショー「Sante」。エイトシャルマンで仙名彩世さんが銀橋を駆け抜ける場面です。
確かにこれは無意識にハミングします。





スカステしりとり

今週のタカラジェンヌは紅ゆずるさん!
先週は麻央侑希さんが書いた「ダンケ」につながる言葉を紅さんが選びます。

A.化粧 or B.けん玉

うーん、お化粧かなぁ。プロマイドがほしいです!