2018年12月1日(土)雪組宝塚大劇場公演。
午後の阪急交通社貸切公演を観劇しました。
開演前の組長梨花ますみさんの挨拶、、、があるかと思ったらありませんでした。大劇は組長さんの挨拶はないのかな。

以下、今回の公演で気になったこと気づいたこと感想を書いていきます。


第1幕

序 オペラ座

望海さんは終始素晴らしかったです。登場のすぐあとの従者を後ろに連れてのダンス、腕を前に出して懇願の表情が心臓を持っていかれる1回目です。

娘役さんたちが登場、真ん中の綺麗な娘役はきぃちゃん(真彩希帆さん)かと思ったら、朝月希和ちゃん。ファントムのお母さん役なんですね。

今日は貸切公演だからか、拍手のタイミングが分からなかったです。望海さんが登場したところで思いっ切り拍手したかったけど、、、今日はなかったです。しないものなのかな。


第1場オペラ座通り

きぃちゃんがくるくる踊りながら演技しながら素晴らしい歌声を披露します。すごい才能溢れるジェンヌさんです。お役と本人が被って同一人物に見えます。

シャンドン伯爵の翔くん(彩凪翔さん)、貴族感がぴったりです。

ひとこちゃん(永久輝せあさん)、クリスティーヌと手をつなぐ前に自分の手をごしごし拭くのが可愛いかったです。


第3場Cオペラ座

オペラ座の支配人を解任されて、キャリエールが従者達に地下牢に招かれるシーン。扉を開ける従者の鳳華はるなさん、熱い演技です。好きになりそう。

第5場Cオペラ座 舞台

舞咲りんさんカルロッタの個性が爆発してます。自由自在に色んな声を出しつつ、演技も細かい!舞咲さんが雪組にいてくれて感謝です。


第5場Dオペラ座 舞台(Home)

このシーン大好きです。ファントムが恋とは知らずにクリスティーヌの歌声に落ちます。私もきぃちゃんクリスティーヌの天使の声に落ちました。落ちたのは望海さんの切ない歌声の効果もあると思います。このシーンの為に何度でも観たいです。


第5場GHオペラ座の地下ファントムの音楽部屋

クリスティーヌがあっという間に歌が上手くなるシーンです。「あなたこそ音楽」で二人のデュエットが最高潮に。客席全体に響き渡る優しい望海さんの歌声に、白い繊細なベールを被せるようなきぃちゃんの歌声。望海さんの声にきぃちゃんがびっくりする程軽く優しくふわっと乗ってきます。きぃちゃんは歌い方を徐々に変えているように思います。このシーンに来るまでに歌の上手な少女からプロの歌い方に変わっています。どれも歌は上手いのですがその中でも成長を感じさせる、きぃちゃんすごいです。

きぃちゃんのことばかり書いてますが、望海さんはずっと終始素晴らしいですからね。


第7場夜のパリの街角

浮かれたシャンドン伯爵とクリスティーヌが去った後、望海さんファントムが映像と共に出てきます。望海さんを中心に白いバラが散っていく映像。望海さんの切ない歌とともにファントムの心が散り散りになっていく様子が、映像でより効果的に伝わります。


すみません、二幕は明日投稿します。