宝塚すみれレポート@まる

『美しいものを見ることは価値がある』宝塚歌劇関連の私的レポートを提供します!

こんばんは。

今日は宝塚公式HPで衝撃のニュースがありました。
そんな気もしていたのですが、星組トップコンビの紅ゆずるさん、綺咲愛里さんが次回作品で退団することが発表されました。
19-02-05-23-17-40-864_deco
( 宝塚歌劇団公式HPへ )

なんだか泣けてきます。
紅さんのことがこんなに好きだったとは。

紅さんは、宝塚愛に溢れたジェンヌさんです。
宝塚のために努力を惜しまない人です。

下級生の頃から素敵なビジュアルで目立っていました。
注目されるようになったのは2008年バウワークショップ「アンナ・カレーニナ」で演じたカレーニンという噂が。
このイケメンは誰だ!となり、最初にファンがどっと増えた時期と聞いています。
このときの映像がほしいです。

このすぐあとに大劇場公演「THE SCARLET PIMPERNEL」の新人公演で初主演をされます。
大劇場の新人公演主演で紅さんの美しいビジュアルが広く認知されました。
そこからスターとして長い長い間(9年間?)星組を支えます。

私が初めて宝塚のお茶会に参加させていただいたのは紅さんでした。
柚希礼音さんトップで紅さんが2番手の時でしたので、もうお茶会は大規模で豪華になっていました。
大人数なのに参加者一人ずつとしっかりと握手されることに驚きました。間近に迫る美しい紅さんに挙動不審したのを覚えています。
でもお茶会って何度行ってもそうなりますよね。

紅さんは仲間を大切にする涙もろい人。
紅さんのディナーショーで紅5が集合したときは感動しました。
紅5の壱城あずささんが退団されるときの涙にもらい泣きしました。
美弥るりかさんの退団のご報告にも涙されたのではないでしょうか。
今日のタカラヅカニュースは星組大劇場千秋楽のダイジェストでした。
七海ひろきさんの大劇場ご卒業。涙を堪える紅さんにまたうるっとしてしまいます。

19-02-05-07-44-52-518_deco
19-02-05-07-47-19-491_deco
19-02-05-07-48-23-959_deco
19-02-05-07-49-30-845_deco
この流れ良かったですね。


紅さんはお友達?ファン?が多方面にたくさんいらっしゃる人です。宝塚ファンだけじゃなくあらゆる方面へ魅力を発揮されています。
私がよく聞くのは東京バレエ団の楽屋によくいる紅さん。
最近のニュースではYOSHIKIさんのプレミアムディナーショーでゲストで参加されたこと。
宝塚をよく知らないYOSHIKIさんファンに宝塚の魅力を発信されたことでしょう。

また宝塚伝統の演目「うたかたの恋」や今回の「エルベのほとり」の再演は、紅さんの宝塚愛により成り立っているのではと感じます。

行動力とお人柄で新たなファン層を獲得され、宝塚の伝統を大切にし、宝塚に大きく貢献されてきたと思います。
台湾公演も大成功でしたし、トップのおつとめを全力で果たされてきました。
いつも全力の紅さんがご卒業されてやっと休めることに安心もありますが、やっぱり寂しいです。。。

紅さんと一緒に相手役の綺咲愛里ちゃんも退団発表がありました。
紅さんと一緒に退団が危ぶまれるのは、紅5の如月蓮さんと天寿光希さん。
あと月組の仲良し同期の光月るうちゃん。
もうこれ以上辞めないで〜と思ってしまいます。
昨年末から惜しまれるスターさんの退団が相次いでいて、ファンはもう疲労困憊満身創痍。
何を書いているか分からなくなってきましたね。
悲しみで疲れてきましたが、がんばって退団されるジェンヌさんたちを応援します。
ジェンヌさんは悪くない!
きっとジェンヌさんはもっと大変なはず。

また明日から寒さ厳しいらしいですね。
インフルエンザやら、不意にくる公式HPのニュースに耐えながら過ごしましょう。
おやすみなさい〜

こんばんは。
今日の宝塚ニュースでは1月31日(木)に初日を迎えた専科公演バウ・コメディ「パパ・アイ・ラブ・ユー」の初日の模様が放送されました。
主演は専科の轟悠様。
専科公演と言われていますが専科からは轟悠様と悠真倫さんの2人だけ出演。他は宙組若手陣が10名出演しています。

バウ・コメディシリーズとは、宝塚バウホールで轟悠様主演で行われるコメディ作品。
「おかしな二人」(2011年)、「第二章」(2013年)に続き、今回は第三弾です。だいぶ間があいてたんですね。

おかしな二人と第二章のときは、宝塚バウホールだけでなく、東京の日本青年館でも公演されたのですが、、、今回はないです。
宙組別箱の「群盗−Die Rauber−」の公演とかち合って、芹香斗亜さんが優先されてしまいました。
芹香斗亜さんは悪くないです。
轟悠様でなく、芹香斗亜さんが東京に来ないなんてことも哀しすぎます。

なんで両方とも東京にこないのか。
東京で青年館が駄目なら赤坂ACTシアターがあるじゃないか。

しかし2月の赤坂ACTシアターは、みっちり中島みゆきさんのコンサートが入っています。
宝塚は負けたんですね。
そんなこんなでせっかくの轟悠様主演公演が宝塚だけ、しかもライブビューイングもないので東京の私は諦めモードです。

ひとまずタカラヅカニュースでダイジェストを見て楽しみます。
あらすじは、
「順風満帆な人生を歩む総合病院のエリート医師デーヴィッド・モーティマーは出世のかかった重大な記念講演のスピーチを目前に控えていた。そこに18年前に別れた恋人が現れ、二人の間に生まれた息子が父親を訪ねてやって来ると告げる。“隠し子”の存在など寝耳に水のデーヴィッドは嘘に嘘を重ね、クリスマス直前の病院を大騒動に巻き込んで行く……。」(宝塚公式HPより)

轟悠様の白衣姿は凱旋門以来ですが、だいぶひょうきんな雰囲気で登場。
18年前に別れた恋人は愛白もあちゃん。
轟悠様に息子が父親を探していることを相談しているところに、現奥様役の遥羽ららちゃんが現れます。
何も知らない遥羽ららちゃんがニコニコお上品に「まずは入院病棟の看護婦にご相談なさったら」。
愛白もあちゃん「こんなこと看護婦に相談できるわけないじゃない!」。
遥羽ららちゃん「あらじゃあ、わたくしが」。
轟悠様「(高い声で)だめぇ!!」。
もうこの声すばらしい。轟悠様が映っていないのが残念。

息子役の留依蒔世くんはホンモノのモヒカンで登場。気合入っていますが、お父さんと全然似てないですよ。
医者のお父さんを探している留依蒔世君に、僕は痛風でイボ痔の患者ですと嘘をつく轟悠様。
あとでお友達の悠真倫さんに、「それは尻からでまかせ」と思い切ったポーズで話しています。
轟悠様にそこまでさせないでと思ってしまいます。
ひとまず客席から笑い声が聞こえててよかったです。

美月悠さんは院長役。
小児病棟のクリスマス会の場面でしょうか。そのままフィナーレになるのでしょうか。
ヒゲをたくわえた院長先生が天使の格好で踊りまくります。
10名の少ない宙組生で客席降りも。もう節分も過ぎているのにクリスマスメドレーなのが気になりますがコメディだからいいのでしょう。
轟悠様も白地のラメ多めのスーツに赤いバラを挿してクリスマスソングを歌います。

初日終演のご挨拶を終えて幕がおりるまで手を振る轟悠様、にこにこしていて可愛らしいです。



うーん、楽しそうです。
タイトルにコメディでいいのかと書いてしまいました。
私は轟悠様の熱い真剣なお芝居が好きです。
コメディもお芝居の1つ。
幅のあるお芝居が出来る轟悠様だからコメディ作品もありなんでしょうね。

でもやっぱり美しい人にイボ痔とか言わせないでほしいです。
タカラジェンヌはフェアリーですから。

ではでは今日の他のニュースは、

宙組博多座公演初日

1幕の「黒い瞳」のニコライの真風涼帆さん、プガチョフの愛月ひかるさんは安定の演技力。
ロシアの青年将校とカリスマ性溢れるオッサンにしか見えないです。(男にしか見えないです)
星風まどかちゃんはロシアの女の子が似合いますね。
朝夏まなとさん退団公演「神々の土地」での可愛らしさが復活です。博多に行くべきだったかと思います。
ずんちゃん(桜木みなとさん)がちゃんと悪い人になっています。でも美しい。美しい悪人ってモテますよね。
ダイジェストはニコライとプガチョフの掛け合いはカットされました。千秋楽のニュースではどうか映してほしいです。

2幕のショー「VIVA!FESTA!」は愛ちゃんがスッキリして登場。
愛ちゃん、オーシャンズ11まで宙組にいてほしかったです。ベネディクトなんてぴったりだったと思います。
ずんちゃんは美しさに磨きがかかってきましたね。色気が出てきたのは、ききちゃん(芹香斗亜さん)のお色気の影響ではと思ってしまいます。

終演後の組長寿つかささんのご挨拶。後ろで映る純矢ちとせさんの微笑みが美しいです。
客席の盛り上がりがすごいですね。カーテンコールで手を上げて手拍子する客席が映り込んでいます。楽しそう。

ハハハミング

今週の歌は2017年星組「オームシャンティオーム」から「バラ色の人生」。
かいちゃん(七海ひろきさん)バージョンです。
かいちゃんの悪役は美しくダンディですね!
歌より映像が頭に残ります。



スカステしりとり

お!今週のタカラジェンヌは七海ひろきさん!
前のコーナーから、かいちゃんが続きます。
先週、紅ゆずるさんが書いた「けん玉」に続きます。

A.マリー or B.マイヤーリンク

どちらも「うたかたの恋」のキーワードですね。
どちらかわからないですが、、、かいちゃんに「マリー、来週の日曜日、旅に出よう」と言ってほしいのでAにしようかな。


宝塚と関係ないのですが、今日はサーティワンアイスクリームに行きました。
友人から2月のフレーバーがBADDYっぽいと聞いて気になっていました。

みなさんもご存知ですよね。
噂のフレーバーはこちら、
『チョコレートキャラメルスイートハート』です。
19-02-03-15-28-18-526_deco


そして宝塚のスイートハートといえば、

IMG_20190203_0001


月組美弥るりかさんが演じた、BADDYの恋人のスイートハートです。

サーティワンアイスクリームに、みやちゃんファンがいるのでしょうか。ただの偶然でしょうか。
きっと偶然でしょうが、みやちゃん退団発表の傷が深い私にはなんだか心温まる偶然です。

さてサーティワンでスイ様を注文したのですが、、、
トッピングで動物にしてもらったら、なんだか可愛くなかったです(笑)

19-02-03-15-30-26-842_deco


動物にしてくれるトッピングが好きでよくやるんです。
本当はこんな感じで可愛いんですよ。

19-02-03-15-36-38-968_deco


普通に注文すればよかったです。
スイ様のお味は、バレンタインの季節にぴったりな濃厚なチョコレートアイス。
チョコレートアイスの中にチョコレートトリュフ。
トリュフは口の中で砕けて、中に入っているキャラメルソースがチョコと溶け合います。
塩キャラメルがチョコの甘さを引き立てます。
うーん、甘かった(笑)

チョコ好きな方ならお試しあれ。


話は変わります。
みやちゃん退団のニュースの直後に、みやちゃん写真集のニュースが出ましたね。
「美弥るりかさん写真集発売のお知らせ」(宝塚歌劇公式HP)

退団のニュースで傷ついたファンたちに、絶対買うだろって出されている感じがしてしまいます。まあ、きっと買ってしまいますが。


大きさは「A4変型判」。
最近1月に発売された望海風斗さんや、2017年発売の紅ゆずるさん写真集と同じサイズ表記ですね。

紅―紅ゆずる写真集 (宝塚MOOK)
宝塚クリエイティブアーツ
2017-10-01


ファーストフォトブックとも同じサイズです。






宝塚FOCUS ONは「A5変型判」。これより大きいサイズになります。
FOCUS ON 瀬戸かずや (宝塚ムック)
宝塚クリエイティブアーツ
2018-07-01



最近の写真集はDVD付が多いですが、みやちゃんの写真集には書いてないです。
DVDなしで2,700円なので、ファーストフォトブックDVD付(1,800円)より充実した内容になりそう。
ちゃぴちゃんサヨナラのときに発売された写真集のように「舞台写真集」と書いてないので、このために撮影された写真もあるのですよね。
前々から準備していただろうに、きっと退団発表にあわせて発売1ヶ月前に告知なんて、退団についても写真集についてもそれまでファンに言えないでいたみやちゃんは辛かったのではと勝手に妄想してしまいます。
みやちゃんは何も悪くない。
写真集も楽しみに待ちますし、佐々木小次郎も、天使みやちゃんも最後まで応援します。

またぐたぐたと書きましたが、アンナ・カレーニナが終わってしまいみやちゃんが足りない日々を過ごしています。
明日は春一番が吹くそうな。
油断せずにあたたかい格好で出掛けようと思います。
ではまた、おやすみなさい。


↑このページのトップヘ