宝塚すみれレポート@まる

『美しいものを見ることは価値がある』宝塚歌劇関連の私的レポートを提供します!

2019年2月10日(日)雪組東京宝塚劇場公演。
午前の阪急交通社貸切公演を観劇しました。

「風斗の日(2月10日)」に望海風斗さんと同じ場所にいるなんて幸せです。
ささやかな幸せを感じつつ、さらに幸せなことに今日はファントムのブルーレイ、DVD、CDの先行発売なんですね。知らなかったです。
キャトルレーヴのレジ待ちの列がすごかったです。 私も並んできました。
早く到着しててよかったです。
19-02-11-00-08-22-535_deco
思いもよらず手に入って嬉しいです。

さてファントムは12月に大劇場で観た以来です。
とても楽しみでした。雪組ファントム最高でした。

感想は12月の記事にも書いたので、追加で思うところを書いていきます。
12月の感想はこちらから↓↓↓
「宝塚大劇場公演「ファントム」感想1」
「宝塚大劇場公演「ファントム」感想2」


第1幕
序 オペラ座 

娘役さんたちの動きが大劇と違いましたね。ファントムのお母さん役の朝月希和ちゃんは東京では一人で登場。お母さんとファントムの絆がしっかり伝わる演出になったんですね。

ファントムが銀橋に来るところ、新人公演で従者の娘役さんが美しくトリプルを決めていました。本公演は、、、沙月愛奈さんが激しい4回転を決めていました。すごい!89期万歳!


第1場オペラ座通り

きぃちゃん(真彩希帆さん)が大劇より美しく可愛らしくなっている気がする!
ただ単に私が惚れてしまっただけかも。

第3場Cオペラ座の廊下

ここで扉を開ける従者の鳳華はるなさんを見ようと、見ようとずっと思っていたのに見逃しました! ブルーレイに入っているといいのですが、、、今日の1番の心残りです。

第5場Cオペラ座 舞台

舞咲りんさんカルロッタの個性がさらに爆発してました。声も演技もまさに自由自在。
朝美絢さんショレが舞台からはけるとき「春のうららのカルロッタ〜♪」とアドリブ。舞咲りんさんに褒められていました。可愛いカップルです。

第5場Dオペラ座 舞台(Home)

やっぱりきぃちゃん可愛らしくなっていると思います。
マドモアゼルきいちゃんに君の歌をみさせてくれないかと頼むファントム。クリスティーヌはあやしい人に声かけられてすごく怖がっているのですが、望海さんの歌声を聞いて安心する表情の変化が良いです。本当に望海さんの声は安心するような、頼もしいというか、ともかく魅力的な心に響く声。
この声でクリスティーヌも客席も望海さんファントムに落ちます。
この公演は、主人公たちと客席との気持ちの一体感が素晴らしい。歌って素晴らしい。

第2幕
第5場B森

大劇と比較して、この場面のエリックの少年感が強かったです。コートを脱いでいるのも、華奢さから少年さを出している演出だと感じました。きぃちゃんが逃げ出してエリックが泣くところは、前回よりエリックの声が高く、小さな子供が泣いているようでした。エリックがクリスティーヌと母を重ねていることがより伝わりました。

きぃちゃんは仮面を取ったエリックが近づき、逃げ出す直前まで、笑顔を見せようと努力しているのが見えます。エリックお母さんとは違うけど、クリスティーヌなりの愛があるように感じました。
ただ生理的に無理と思うほど崩れているんですよね。客席から見える望海さんは美しいですけど、客席から見える美しい望海さんはエリックの心の純粋さを表していて、実際のエリックはとんでもない顔なんですよね。
きぃちゃんのなんとか笑顔を保とうと耐えている姿が、今まで見たファントムよりエリックとクリスティーヌの愛が感じられて好きです。

第8場オペラ座 舞台(エピローグ)

エリックが撃たれて最後の場面。
クリスティーヌが笑顔でエリックの仮面を取って、エリックが息を引き取る瞬間まで笑顔でエリックを優しく見つめるきぃちゃんが天使でした。
さっき逃げてしまったのはちょっと驚いただけで、やっぱり愛があったんだよねと思わせてもらえます。
エリックも客席も天使きぃちゃんに救われます。 悲しみを堪えて、優しい笑顔を浮かべるきぃちゃんクリスティーヌの強さと愛の表現が素晴らしい。



東京のファントムは大劇場のときより、みんな気持ちをさらに作り込んでいるように感じました。
より分かりやすく、そしてより客席を幸せにする方向に進化していました。
東京のバージョンまた観たいです。
スカステで早くやらないかな。


今日のタカラヅカニュースでは、宝塚大劇場公演「CASANOVA」の初日のダイジェストが放送されました。
19-02-09-20-35-07-120_deco

お衣装が色鮮やかで華やかです。
曲調は「1789」を彷彿とさせる明るく力強いロックミュージカル。

まずみりおさん(明日海りおさん)演じるカサノヴァの審問の場面から。
スカイレポートで、ちなつさん(鳳月杏さん)が男役でこっそり出ていると言っていましたが、いやしっかりと登場されていましたね。よかったです。

れいちゃん(柚香光さん)がカサノヴァに判決を言い渡すシーン。気合激しく入られていて、目も鼻も顎も尖ってます。
19-02-09-20-29-36-753_deco
19-02-09-20-30-18-523_deco
懲役626年ってすごいですね。

マイティ(水美舞斗さん)とカサノヴァは牢獄で出会うのですか。マイティは囚人服で汚らしく登場。
声も佇まいも男に見えます。すばらしいです。

みりおさんが赤いドレスの娘役さんたちに囲まれて歌うシーン。花野じゅりあさんが妖艶で良いです。
この場面、生で見るのが楽しみです。

あきらさん(瀬戸かずやさん)金髪で白いロングブーツ。れいちゃんと二人で何か企んでます。あきらさんの歌声、いつもより伸びがあるように感じます。

ああ、美魔女ちなつさんが映りました!
男役と思えない美女オーラ。肩も腰も顎の角度も麗しいです。従者達はずいぶん可愛らしい見た目ですね。
ちなつさんのオーラがすごくて旦那さん役のれいちゃんが可愛く見えます。
(たまたま二人で映っているとき、れいちゃんが下を向いていて、ちなつさんにおされてるように見えたのかも)
れいちゃんとの夫婦感が感じられませんwww
不思議に思いますが、劇場で物語を観て解決したいと思います。

みりおさんにパラリス神が降臨する場面が出ました。
みりおさん、口パクなのに自然に見えます。
和海しょうさんの声がピッタリ。

ゆきちゃん(仙名彩世さん)が可愛らしい衣装で元気に登場。女性の敵カサノヴァを捕まえる気合に燃えています。映らなかったですが、ゆきちゃんがカサノヴァの似顔絵を書くシーンがあるんですよね。どう見せるのか楽しみです。

カサノヴァとマイティはヴェネツィアに来たのでしょうか。二人が乗った船をたぶんビッグ(羽立光来さん)が漕ぎます。あのままだと橋に頭をぶつけますが、大丈夫でしょうか。前後が気になります。

みりおさん、ゆきちゃん、まいてぃ、べーちゃん(桜咲彩花さん)の4人の馬車のシーン。
19-02-09-20-31-53-750_deco
みりおさんは自分がカサノヴァであることを偽って馬車に乗っています。
ゆきちゃんがラップしているところが流れました。 元気で可愛いゆきちゃんにあっています。

一瞬、ジュリアさんをもてあそぶちなつさんが映ります。ちょっともっと映してください。

カサノヴァがゆきちゃんに会いに来ますが、正体がバレてしまいます。
19-02-09-20-33-14-095_deco
「誰でもない。
 ただ一人の男だ。
 一人の男として君に会いたかったんだ。」

客席が心の中できゃーっとなるところでしょうか。
みりおさんの舞台ならずっときゃーですか。

美しいれいちゃんがソロで歌います。
がんばれ!

まいてぃがとうとう神父っぽい格好で映りました。
月夜のセットの中で、みりおさんが一人で歌うところで映像はお終い。
あとは大劇場千秋楽のニュースまで待てと言うんですね。

フィナーレの男役群舞は一瞬しか映りませんでした。ウィッグを取っていつものみりおさんが階段から登場です。

みりおさんとゆきちゃんのデュエットダンス。
白い衣装はゆきちゃんの卒業が連想されて切なくなります。
劇中のみりおさんの楽曲に合わせてゆきちゃんが微笑みながら丁寧に踊っていました。

フィナーレの階段降り。ゆきちゃんはポスターの青いふわふわしたお衣装で登場。

終演後の組長 高翔みず希さんのご挨拶。後ろに次期トップ娘役の華優希ちゃん、娘役スターの舞空瞳ちゃんがちょうど映っていて麗しい構図になっています。
「CASANOVA」の楽曲提供されたドーヴアチア氏が観劇されていたようで途中紹介されていました。 
「ドーヴ・アチア氏CASANOVA初日を観劇」(宝塚歌劇公式HP)

みりおさんのご挨拶。
途中カットされて、客席の笑い声がやまない場面がありました。気になります。
みりおさんの「脂の乗ったのりのり」発言はしっかり放送され、笑顔のゆきちゃんがアップで映されていました。
(みりおさん「脂の乗ったゆきちゃんのノリノリのベアトリーチェをみなさまどうぞ、、、?おかしいですか!?あ!あのぅ、主演娘役として脂の乗ったゆきちゃんのノリノリのベアトリーチェをどうぞ楽しんでいただけたらと思います♪」)
美しいお衣装のゆきちゃんがアップになって嬉しいです。

最後全員でお辞儀したとき、ちなつさんの御足がスカートから出ているところがしっかり映っていました。
色々楽しみな公演です。

 祝祭喜歌劇
 「CASANOVA」
宝塚大劇場:2019年2月8日(金)〜3月11日(月)
東京宝塚劇場:2019年3月29日(金)〜4月28日(日)
( 宝塚歌劇団公式HPへ )


こんばんは。

昨日は紅ゆずるさんと綺咲愛里さんの退団記者会見がありましたね。
紅さんがボロ泣きだったようで、この熱さがほんと好きです。
タカラヅカニュースでは昨日の会見を抜粋で放送。
会見の内容はいろんなサイトで記事になってます。
宝塚公式の記事を見るのが無難ですかね。リンクを貼ります。

「紅ゆずるさん 退団記者会見」(宝塚公式HP)
「綺咲愛里さん 退団記者会見」(宝塚公式HP)


そうそう、タイトルにも書きましたが朝日新聞のタイトルおかしいですよね。

19-02-07-08-30-09-647_deco

紅さんは熱く真面目に会見されたのに、こういう面白い記事を残してしまうのがさすがです。素晴らしいです。

宝塚をよく知らない人には、紅ゆずるさんが退団して綺咲愛里さんと結婚かぁ、と思うのではないでしょうかwww

綺麗なお写真なのに、タイトルがちょっと間違っているのでは、とファンは不安になります。
記者の方が本当に勘違いしてないか気になって、朝日新聞デジタル会員登録してしまいました。

うーん、たぶん勘違いはないです。
結婚のところは、紅さんのお言葉をそのまま書いていました。紅さんのお言葉なら間違いはないです。

綺咲愛里ちゃんの記事のタイトルは普通でしたよ。
19-02-07-21-46-51-424_deco

あーちゃんも紅さんへの熱い愛を語っていたから、そこからタイトル取ってほしかったです。
あーちゃんの、「紅さんから学ばせていただいたことは私の宝塚の全て」というお言葉に胸がうたれます。

紅さんとあーちゃんの夫婦愛と星組愛を感じる会見でした。


お二人の退団公演は、

 ミュージカル・フルコース
 「GOD OF STARS −食聖−」
 スペース・レビュー・ファンタジア
 「Eclair Brillant(エクレール ブリアン)」

 宝塚大劇場:2019年7月12日(金)〜8月19日(月)
 東京宝塚劇場:2019年9月6日(金)〜10月13日(日)

 ( 宝塚歌劇団公式HPへ )

1幕はアジアン・クッキングコメディ、、、
また紅さんにしか出来ないような作品になりそうですね。

大劇場と東京の間にお二人はそれぞれディナーショーがあります。
タイトルはまだ未定。
行きたいなぁー。

退団は10月13日。まだ8ヶ月、あと8ヶ月。
紅さんとあーちゃんが最後まで健康で充実した舞台生活を送られることが私の幸せです。
私達も健康第一でたくさん応援に行きましょう。

ではでは、今日はおやすみなさいー。

紅―紅ゆずる写真集 (宝塚MOOK)
宝塚クリエイティブアーツ
2017-10-01



↑このページのトップヘ